Engage Kiss(12)「彼を信じて」について4

シュウ:「俺と出会う前の自分の記憶を使っていたんだな?そんなことして、俺が喜ぶと思ったのか?俺がお前との思い出を失って、ほっとするとでも、思ったのか?ばかだよ。」

キサラ:「ばかなんですか?」

シュウ:「ああ。間違いない。人間に丸儲けさせてどうするんだよ。悪魔のくせに。」

キサラ:「おかしいんですか?」

シュウ:「ああ。おかしい。だから、お前の願いは聞けない。この街から逃げるなんて、できない。今度は俺が守るから。安全なところに隠れてろ。」

そういうと、キサラの剣だけ持って、シュウは戦いに行ってしまいます。


一方、AAAはカンナに攻撃開始しますが、全く効果が出ません。

戦車隊:「目標、攻撃する気配がありません。攻撃は効いていません。」

アキノ:「ひたすら防御に徹する?なにを考えているの??アヤノ、彼女は本当に敵対しているの?」

アヤノ:「昨日はキサラを狙ったのよ。」

と、今度はアヤノがロケットランチャーで攻撃します。

すると、それをトリガーに、今度はアヤノを執拗に狙い始めます。

アキノ:「アヤノ。あなた、カンナちゃんに何かした?」

アヤノ:「こっちが聞きたいわよ。」

目の前まで来たカンナが、アヤノを狙って攻撃しようとした瞬間、ぎりぎりでシュウが間に合いました。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。