Engage Kiss(10)「待ち望んだ最悪」について4

衛星兵器は効果が出ないうえに、アスモデウス(の手)が出現します。

シュウ:「アヤノさん。操縦代わって。」

シャロン:「いい趣味してるじゃないか?アスモデウス。」

キサラ:「本当に最悪の趣味。」

そのにはかつて、アスモデウスが成り代わった人間の姿がありました。その中には、サユリもいたのです。

キサラは戦うことができません。(シュウの母親だから)

でも、助けに現れたシュウは、母親の姿であろうと、気に留めることなく銃を撃ちます。

サユリ:「シュウ!」

シュウ:「キサラを離せ!悪魔野郎。」

キサラ:「シュウ君。あなた、お母さんまで・・・」

シュウ:「これが最後の戦いだ。俺の全部の記憶を持っていけ!」

キサラ:「これ以上はシュウ君じゃなくなっちゃう!」

そのとき、キサラの腹部を剣が貫きました。そして、それは緒方カンナだったのです。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。