痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。(12)「防御特化とつながり。」3

終盤になって、全滅を覚悟した炎帝の国のミイ。

そこへ暴虐が救いに来ます。炎帝の国には手を出さず、周りを包囲していたプレーヤーを全滅させたのです。

最後の作戦です。

楓の木は、影分身とファントムワールドを組み合わせて、暴虐を7体に分身させます。

炎帝の国と集う聖剣:「メイプルが7体?どういうスキルだ?どうなってるんだ??」

フレデリカ:「だから、反則だって言ったじゃない。」

ペイン:「鍛えなおすか。俺も新たなスキルを探す。」

この時点で残ったギルドは6チームのみです。そこで、運営の判断で、2日残してゲームは終了となりました。

運営A:「メイプルを、また弱体化させるか?」

運営B:「もう、いいかなと思う。好きにさせよう。メイプルは看板プレーヤーになったからな。」

結局、楓の木は3位でした。

第4回打ち上げパーティーは、楓の木だけでなく、集う聖剣と炎帝の国も呼んで、合同祝賀会となったのです。

メイプル:「改めまして、みんな、お疲れ様。乾杯!!」


これでレポート終了です。

2023年1月から、第二期が開始です。楽しみにしましょう!!!!!!!

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。