不徳のギルド(1)「ひたむきに頑張ります!」について2

ヒタムキは嗅覚が優れているので、すぐ見つけます。

ヒタムキ:「向こうに魔物がいます。」

スライムと戦いますが、すぐに、乳の隙間にスライムが入り込みます。

ヒタムキ:「だ、だめええ~!!!!!」

キクル:「なに、これ?スライムは、雑魚中の雑魚だぞ?取り除いてやりたいが、そうすると、肌に障ってしまう。セクハラせ訴えたりしない??」

ヒタムキ:「しないです。お手数をおかけします。」

次はトドクマですが、やっぱり、ヒタムキは捕まります。

キクル:「おのれは、魔物を発情させるフェロモンを出しているのか??一人のほうが絶対楽だった。」

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。