リコリス・リコイル(5)依頼

今回、リコリコに特殊な依頼が入りました。おかげで、ちさとは、めっちゃやる気になっています。去年、余命宣告を受けた人が、故郷の日本を見るためにアメリカからやってくるのです。

依頼主:「少し早かったかね?」

ちさと:「いえ。準備万端です。旅のしおりも完璧です。」

依頼主:「今や、機械に生かされているのです。おかしく思うでしょう?」

ちさと:「いえ、わかりますよ。わたしも、ここに。」

と心臓をさしてみます。

依頼主:「ペースペーカーですか?」

ちさと:「いえ。まるごと機械です。」

たきなだけは、このことを知らなかったため、気になりました。

たきな:「どういうこと?」

ちさととたきなは、依頼主を連れて東京観光に出発します。

みずき:「言ってなかったの?」

ミカ:「ちさとに任せればいい。」

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。