黒の召喚士(1)ブルースライム

鑑定眼を初めて使うケルビン

メルフィーナ:「あなた様の鑑定眼はS級。さらに+100レベルまで鑑定が可能です。」

ケルビン:「鑑定不能と出たメルフィーナは、それ以上ということか?」

メルフィーナ:「一応神ですので。」

ケルビン:「俺はメルフィーナを召喚するために、MPをいくら消費すればいいんだ??」

ケルビンはスライムを倒さないように、魔法ではなく、ウッドロッドで戦いますが、このスライム、かなり動きが素早くて苦戦し、やっとのことで倒します。

このスライムはメルフィーナに続き、ケルビンの仲間となり、名をクロトと名づけました。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。