黒の召喚士(1)あなたも?

ケルビン:「さっきから普通に会話してますが、メニューさん、あなたも来るのですか?」

メルフィーナ:「記憶が無いのでしたね。こちらをご覧下さい。初めてでしたよ。転生を司る神に”配下になれ!”とおっしゃった方は。責任とって下さいね?」

ケルビン:「・・・なにしてるの?転生前の俺!!」

メルフィーナ:「会話できているのは、召喚士と配下間のものです。あなた様はスキルを選ぶなり、わたしに契約を迫ったのです。”キミに惚れた。一緒に来てくれ!”っと。小一時間口説いてくださいました。わたしもこの役職について数百年。あきが来ておりましたので、その案に乗らせていただきました。記憶をなくしても、俺なら、また君に恋をするなんて、甘い台詞もございました。あまりに一直線だったもので、不覚にも、キュンとなって、許してしまいました。おめでとうございます。」

ケルビン:「もう契約しているなら、メルフィーナを呼び出すこともできるのか?」

メルフィーナ:「いまは不可能です。実体化に必要なMPが足りません。あなた様の成長と斬新な告白をお待ちしております。」

と、まあ、メルフィーナは神様なので、まだ召喚できませんでしたが、8/27放送の第8話で召喚に成功しました。それは原作版より可愛い。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。