GOSICK(3)ペンダント

とれたペンダントを再びつけようとするも、一人でできないヴィクトリカは、

ヴィクトリカ:「久城。」

一弥:「はいはい。」

と付けてあげる、優しい久条一弥でした。