鬼滅の刃(26)鬼舞辻 無惨

鬼舞辻 :「黙れ!何も違わない。お前に拒否する権利はない。」

鬼舞辻 無惨は、最後に残った下弦の壱に対し言う。

鬼舞辻 :「最後に言い残すことは?」

下の壱:「わたしは夢見心地でございます。あなた様じきじきに手を下してくださいますことに。他の鬼の断末魔を聞けて楽しかった。わたしを最後まで残してくださって、ありがとうございます。」

鬼舞辻 無惨は心変わりして、下弦の壱に血を分け与えることにしました。

鬼舞辻 :「気に入った。血をふんだんに分けてやろう。適応すれば、更なる強さを手に入れるだろう。」

広告