落第騎士の英雄譚(5)生徒

一輝の生徒は、随分増えていました。

ステラ;「なんか、随分増えたわね。」

一輝:「うん。彼らには僕と違って才能がある。すこしやるだけでも、変わるはずだよ。」

なんとかして、距離を縮めたいステラですが、そこにまた、珠雫の邪魔が入ります。

珠雫:「お兄様!良く気がつく優しい妹が、差し入れをもってきました。」

広告