彼方のアストラ(12)

クルーは、カナタとザックです。

ザック:「さっき、ウルガーが来ていたぞ。」

カナタ:「マジか!?さそっとけよ。」

ザック:「さそったさ。大将と行くと、また遭難しそうだから、やめておくってさ。」

そこへ、何の連絡も無く、いきなりシャルスがやってきました。

シャルス:「やあ!遅くなって。行けたら行くって、言ったでしょ?」

カナタ:「王様が冒険の旅に出て、いいのかよ?」

シャルス:「だって、約束したろ?君の右腕になるって。」

タラップを上ったカナタが、下を見ると、そこには死んだ恩師の姿がありました。きっと、カナタは”先生の夢をかなえるぜ。”と思っているんですよね。(^_^)

ちょっと泣けますね。

カナタ:「アストラ号、発進!!」

ザック:「アイイェー」

カナタ:「目的地。未知の世界!宇宙の彼方へ!!!」

最後は、青いアストラから発進するアストラ号です。

これって、第一話は、凍った地球からアストラ号が発進したシーンと同じですね。

そして、アストラ号はワームホールを使って、未知の宇宙へ発進します。

END

これで「彼方のアストラ」はレポートは終了です。
広告