乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…(10)マリア

マリア:「わたし、すこしだけ行っておきたいところがあります。」

カタリナ:「一緒に行こうか?」

マリア:「いえ。たいした用事ではないので、一人で大丈夫です。皆さんはお先にどうぞ。」

カタリナは、この時、マリアと一緒に行かなかったことを深く後悔することになります。マリアはこの日、どこかへ消えてしまったのです。

広告