ヴァイオレット・エヴァーガーデン(3)

ヴァイオレットは、ライデンの街にやってきました。自動手記人形育成学校に入るためです。

先生が言います。

「本校は一流のドールを育成するための学校です。本校卒業の証(ブローチ)は一流の証明。私が認めなければ、卒業証は与えません。覚悟はよろしいですか?」

ヴァイオレット:「了解しました。」

後にヴァイオレットと親しくなるるクリアは、

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン。その娘の立ち振る舞いは、人形のような格好とはかけ離れた、軍人のようでした。」と思ったのです。