ド級編隊エグゼロス(3)昔

布団の中で、二人とも昔を思い出していました。

宿題をしている途中で、二人はコタツで寝てしまったのです。

きらら:「おかしい。れっくん。さっきから固まって。いったい何しようとしてたの?」

烈人:「寝顔に落書きしようとしてたんだよ。」

きらら:「ふうん。それじゃ、どうぞ。いいよ。」

結局何もできないで、

烈人:「もう、気が済んだ。」

きらら:「・・・ヘタレ。」

広告