見える子ちゃん(5)あれ?

痴呆だったおばあちゃんですが、4631を聞いたとたん、妙にしっかりした歩みに変わります。そして、家に入ると金庫を開け始めます。

おばさん:「またそれ?何度やってもあかなかったじゃない??」

でも開きました。その暗証番号が4631だったのです。

中には櫛が入っていました。

おばさん:「それ。お父さんからの贈り物。」

老婆:「今日はトン汁にしようかね?春子。ぼっさとしてないで、手伝ってくれる?」

それをみていたみこちゃんに、あの霊が寄ってきて言いました。

霊:「ありがとう。」

あの霊は、老婆の亡くなった夫でした。

そして、老婆の痴呆は治ったようです。

帰り道、みこははなとラインします。

はな:「エロい?」

和んだみこちゃん。思わず笑顔になりました。

今回はいい話でしたね。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。