Engage Kiss(1)気を使わないで

キサラ:「あたしを心配してくれるのは嬉しいけど、なにも心配しなくて良いんだよ。シュウ君は、本気を出せば誰にも負けない天才だって、知ってるもん。」

シュウ:「それはどうも。。。」

キサラ:「あれ?なんだろう?他の女の匂いがする。」

メスの本能ですな。鋭い!!!!

キサラ:「電気は明日かあさってには復旧するから。払い込みしておいたから。」

シュウ:「それはキサラがバイトしたんだろ?」

キサラ:「いいの。どうせ、お金なんか使い道ないし。」

この話だけ聞いてると、どうなっているんだろう?と思いますが、所詮、特化した能力を持つものの話ですからね。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。