見える子ちゃん(3)数珠

ついに数珠を買ったみこちゃん。両手首に付けてます。

みこ:「これで大丈夫!   なはず・・。はな、また、そのぬいぐるみ買ったの?家に腐るほどあるじゃん。」

はな:「一杯あったほうが可愛いでしょ?みこだって、数珠4つも買ったじゃん?」

みこ:「だって、一杯あったほうが強いじゃん!」


はなとみこは、おしり大福を買うために、路地を通ります。そこには・・・なにかが沢山いました。

みこ:「あれ?みんな避けていく?」

ところが、一体だけ、行く手をさえぎるのが現れました。そして、

霊:「かゆい。」

その瞬間、みこの数珠がはじけとんだのです。

みこ:「はな。来ちゃ、だめ。」

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。