万能鑑定士Qの事件簿Ⅱ

この作品は1巻と2巻が上下巻になっていて、チープグッツの社長が名付け親になってくれた「万能鑑定士Q」という店の名前ですが、それが正式にきまるまでのお話です。

内容は、偽札騒動の犯人を捜していって、真犯人に行き着いてしまう所までです。

角川編集者の小笠原とか、警察官の葉山警部補たちと顔見知りになりますが、莉子の先生であり、店の名付け親であり、事件に関わっていたあの人が、一番いい人かもしれません。

読むときは1-2巻、同時に買ってくださいね。(^_^)

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。