万能鑑定士Qの事件簿Ⅰ


ちょっと古い(2010年)ですが、トムさんは最近はまっています。第一部が全12冊。

近い将来、凛田莉子(りんだりこ)ちゃんが、どうやって万能鑑定士になっていくのか?から、話は始まります。高校卒業までは、おバカちゃんだった莉子が、東京でチープグッツ社長に出会い、勉強に目覚めることで、特異な才能が花開きます。

面白い!!角川文庫なので、最近のラノベのよりう安くて、ずーーーと面白いです。

異世界に行く訳ではありません。でも、波照間島から東京に出てきた田舎者が、刑事の団体を引き連れるほどの才能を発揮するのも、一種の異世界ものですかね?(^_^)

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。