SPYxFAMILY(3)お手伝い

アーニャ:「お手伝い。お手伝い。」

ヨル:「アーニャさん。それは、わたしが!(その中には、お仕事専用の道具と、象をも倒す猛毒が。)」

アーニャ:「ひっ!!」

ヨルさんのお仕事は、危険なので、、ね!

そして、面接の練習が始まりますが、

ロイド:「イーデン校は、国内トップクラスのエリート校ですが、親も審査の対象、家柄のよさを試されます。アーニャさん。休日は何をしていますか?」

アーニャ:「ちちに留守番を命じられるので、一人寂しく留守番です。」

ロイド:「お母さん。志望する理由を教えてください。」

ヨル:「しぼうですか?心肺停止?出血多量。全身複雑骨折?」

ロイド:「お母さんの教育方針は?」

ヨル:「えっ!?先手必勝。」

ロイド:「だめだ。こんなんで、面接が通る訳無い。入学はあきらめよう。」

確かに酷いでうsね。(^_^)


興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。