SPYxFAMILY(1)黄昏とアーニャ

黄昏はロイド・フォージャーとして家を借り、里親になるため孤児院で子供を捜します。読み書きができるという条件で、アーニャの名前が挙がったのです。

孤児院長:「うちで一番賢い。アーニャだ。」

アーニャは、ロイドに気に入られるために、その能力を使って、クロスワードパズルを解いて見せます。

ロイド:「俺なら簡単だが。1はXXX,2はYYY,3はzzz。 できたの??マジで!?」

ロイド:「お前は、いいのか?」

アーニャ:「(スパイ!ミッション!!)コクコク。」

なんと、アーニャは超能力者でテレパシーの使い手でした。それを隠していたのですが、ロイドの思考を読み、凄く興味を持ったので、養女になれるよう、こなしてみせたのでした。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。