その着せ替え人形は恋をする(11)マンガ喫茶

渋谷であまりの暑さに、マンガ喫茶にはいったまりんとわかな。

まりん:「これ、超面白いから呼んで!超売れっ子ラノベ作家が、毎晩、サキュバスに迫られるやつ。」

わかな:「コス、しないんですか?」

まりん:「てか、あたし、似合わないから。もっと可愛くないと。」

わかな:「あの・・・喜多川さんなら、似合うと思いますよ。駄目なんですか?俺はいいと思いますよ。」

まりん:「ご、五条君が、そういうなら。」

まりんちゃん、わかなに勧められて、赤くなってます。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。