革命機ヴァルヴレイヴ(12)ショウコとドリル

そのショウコのところまで、ドリルが到達しました。このままでは毒ガスでショウコが死んでしまう。そう考えたアキラは遠隔操作を駆使して、ショウコを救おうとしますが、あちこち破壊されていて、ショウコに届きません。

アキラ:「ダメ!どうしよう?どうしよう??」

アキラは外に出ようとするものの、イジメのフィードバックで苦しみます。でも、ショウコとスーパーで一緒に買い物する約束を思い出します。

そして、過去を振り切って、隠れ家から飛び出したのです。。

アキラ:「出た!外に出られた!!ショウコ。ショウコちゃん!!!!」

そういうと自らが助けに向かいます。

One Reply to “革命機ヴァルヴレイヴ(12)ショウコとドリル”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。