革命機ヴァルヴレイヴ(11)直前

月直前で、ドルシアの大艦隊がモジュール77の行く手を阻みます。

ハルト、サキ、ショーマ、サンダーの4機も総攻撃に対応しますが、ドルシアの圧倒的な数に押されていきます。

そこへ、ドルシアからショウコ総理に秘匿通信で、会談の要求が入ります。

エルエルフ:「受けよう。ただし、総理官邸でだ。総理と俺が同席する。」

このとき、ショウコは読みきれていませんでしたが、エルエルフはドルシアの手を読みきっていました。ショウコを脅しにくるであろうことをです。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。