五等分の花嫁∬(6)月命日

試験勉強の日なのに、五月がいないのは、月命日に行っているからでした。五月ちゃんは、律儀なのです。

五月:「わたしは、お母さんのようになれるんでしょうか?」

そのとき

「先客なんて、珍しいな?」

五月:「・・・?初めまして。」

「先生!?」

彼女は下田といって、五つ子の母親が教師時代の教え子でした。

五月:「お母さんがどんなひとだったか、教えていただけませんか?家庭でのお母さんは知ってるのですが、先生としてのお母さんを知りたいのす。」

下田:「先生はめっちゃ怖かった、鉄仮面だった。でも、それでも許されてしまうほど、めっちゃ、美人だった。お嬢ちゃんも先生似だし。」

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。