その着せ替え人形は恋をする(5)綺麗です

帰りの電車です。

まりん:「空いてて良かった。五条君、お疲れ。」

わかな:「喜多川さん。ありがとうございました。色々ありましたが、良い経験になりました。ほんとうに楽しかったです。」

まりん:「あたしも超楽しかったよ。次のコス、何にしようか?」

わかな:「しずくたん、だけじゃないんですか?・・・不束者ですが、これからもよろしくお願いします。」

まりん:「うん。よろ!」

しばらく、寝る間も惜しんで制作していたわかなは、うとうと仕出します。

そして、つい、口走ってしまいます。

わかな:「喜多川さん。とても綺麗でした。」

まりんは覚えていました。わかなにとって『綺麗』とは特別な言葉で、心から思ったとき以外、絶対に使わないということを。

まりんは、それを思い出して真っ赤になります。

まりん:「ええええええええ~!」

One Reply to “その着せ替え人形は恋をする(5)綺麗です”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。