革命機ヴァルヴレイヴ(7)神憑き

ヴァルヴレイヴ格納庫で、ハルトとアイナは、ハルトの身体に起こった異変について話しています。

アイナ:「ハルトさんには神様が憑いたんです。だから、”神憑き”」

噛み付きとかけたのでしょうが、ハルトはその優しい言葉遣いにホッとします。

でも、そのとき、エルエルフのアナウンスが流れます。

エルエルフ:「モジュール77は、エルエルフが占領した。時縞ハルト、すぐに出頭しろ!お前には、中核戦力としてヴァルヴレーヴを運用してもらう。」

ハルト:「・・あいつ・・」

このアイナやハルトの優しさは、戦争によってどうなるのでしょうか?

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。