その着せ替え人形は恋をする(2)避ける

土曜日のまりんのせいで、月曜日の学校では、まりんを避けまくるわかなくん。

わかな:「すみません。喜多川さん。」

まりん:「謝る位だったら、逃げんな!今日、五条君、あたしのこと避けてたでしょ?感じ悪いんだけど。」

わかな:「喜多川さんが、俺と知り合いだと思われるので、できるだけ、俺と一緒にいないほうが良いかと思って。実は、付き合っているのか?とまで、耳に入ったので。」

まりんちゃんは、そんな雑音は全く気にしませんでした。

まりん:「行くよ。五条君。買い物に。」

コスの材料を買いに行くこととなったのです。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。