その着せ替え人形は恋をする(2)

頭周りから採寸するに当たり

わかな:「絶対に喜多川さんに触れないよう、集中しろ!」

まりん:「ちらっ。」

目を開けて、わかなを見るまりん。それに驚いて、柱に頭をぶつけるわかな。

まりん:「大丈夫?音、やばかったけど。。。」

わかな:「大丈夫。だめだ、正面は取り乱してしまう。後ろなら・・・」

でも、無駄でした。かわいいヒップが見えています。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。