革命機ヴァルヴレイヴ(6)キス

ハルトとキスしたサキは、

サキ:「わたし、有名になりたいの。」

そういうと、ハルトの忠告を聞きもせず、ヴァルブレイブ5号機に乗り込みます。

ハルトと同じように、情報因子が注入されますが、ARUSの兵士とは違い、起動に成功します。

サキ:「これで・・・」

サキはヴァルヴレイヴ5号機を自在に扱えます。

サキ:「平気。不死身なんでしょう?」

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。