革命機ヴァルヴレイヴ(2)

エルエルフの身体になったハルトを認識するため、連続じゃんけんで確認したキューマ。

エルエルフのハルト:「これで認識されるのは心外ですが、ハルトです。」

アイナ:「じゃあ、ほんとに?」

エルエルフのハルト:「身体を取り戻す。それから、あのロボットを取り返して、ドルシア軍を追い出す。そうじゃないと、僕が失ったものが全然つりあわない。」


ドルシアの兵士が話しています。

「裏切りとは。カルルスタイン機関出身のパーフェクトアーミーの名前に傷がついたな。」

その兵士をエルエルフのハルトは瞬殺します。

キューマ:「殺したのか?」

ハルト:「いけませんか?ショウコを殺しいておいて、自分は死にたくないなんて、許せません。仇くらいとらなきゃ、僕は僕を許せません。」

ヴァルヴレイヴを奪取したエルエルフのハルトとサキは、やれることから試します。

ハルトは自分の身体を取り戻し、1号機を稼動させます。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。