革命機ヴァルヴレイヴ(2)キューマ、サキ、アイナ

浜辺で瀕死のハルトを発見したのは、キューマ、アイナ、サキの3人でした。

ハルトは生きていることを確認、学校に運ぼうとしたとき、アードライたちがやってきます。

アードライ:「ヴァルヴレイヴを渡せ!」

そのとき、エルエルフがキューマたちを救い、あろうことかアードライを銃撃したのです。

換気口に逃げ込んだ後、サキが尋ねます。

サキ:「あなたは、どおういうつもり?」

キューマ:「お前は何者だ?」

エルエルフ:「僕はハルトです。なんで、この身体なのかはわかりませんが。」

そう。エルエルフのなかに、ハルトの意識が入っていたのです。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。