革命機ヴァルヴレイヴ(1)補習

生徒がプールに入ってきて、

「ナナミ先生。どうしたの?」

ナナミ:「ルキナさんの補習なんだけど。」

「ああ。あの芸能人。」

ナナミ:「おかしいなあ?時間、伝え忘れたかな??」

その頃、そのルキナは、ハルトやショウコ達と境内の掃除当番をしていました。そして、そこではショウコがハルトの受けた仕打ちに腹を立てていたのです。

ショウコ:「ハルトは良いことを言った!!」

ハルト:「ありがとう、ショウコ。僕の代わりに怒ってくれてるんだろ?」

そんなやりとりにも、ルキナは興味を示さないで、スマホを眺めています。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。