革命機ヴァルヴレイヴ(1)ハルトとショウコ2

ショウコ:「ハルトは気持ちが足りないんだよ。さっきの対決。本気じゃなかったでしょう?」

ハルト:「そんなじゃないよ。僕はかったり負けたり。そんなのが無い世界がいいな。みんな、半分個で使えば良いのに。」

それを通りかかったスパイのエルエルフが見咎めます。

エルエルフ:「お前は、ハムエッグの黄身も、愛した女もナイフで半分に切り分けるのか?幸せは、半分個になんてできない。お前が闘いたくなくても、向こうが殴ってきたらどうする?ヘラヘラ勝ちを譲るのか?譲れないなら闘うしかない。」

これが、エースパイロットになるハルトと、指揮官になるエルエルフの出会いでした。ちなみに、ショウコは総理大臣になります。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。