鬼滅の刃 無限列車編(2)一撃

煉獄は鬼を一撃で,首を飛ばして見せます。

杏寿郎:「もう一匹いるな。ついて来い。」

杏寿郎:「炎の呼吸 二の型。登り炎天。」

あっというまに、二匹の鬼の首を取ってしまいます。

炭治郎:「す、すげえや!兄貴!!おいらを弟子にしてくだせえ!!!」

杏寿郎:「いいとも。みんなまとめて、面倒みてやる。」

その後、4人は汽車の中で眠ってしまいました。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。