ULTRAMAN(11)救助

無事に救助したULTRAMANを見て、レナは何を感じたのでしょう?

帰り道でレナは話し始めます。

レナ:「ライブ会場で、ULTRAMANはあの場の全員を助けようとしてました。

きっと、わたしが生まれたときのウルトラマンも同じだったんです。この気持ちを伝えなければいけない。」

進次郎:「なぜ、それを僕に?」

レナ:「早田君に言えば、ULTRAMANに伝わるんじゃないかと思うから。」

駅の階段の上で、レナがスマホを指します。

進次郎:「もしもし。」

レナ:「早田君。あの時、わたしのお願い聞いてくれてありがとう。ずーっと、そのままの、君でいてね。」

進次郎:「・・・はい。」

レナはULTRAMANの正体を知りつつも、進次郎にだけ、それを伝えて行ってしまいました。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。