ULTRAMAN(10)ハヤタ

その夜、進次郎は父親と話します。

進次郎:「なぜ、僕の正体がわかったのか?全くわからない。」

ハヤタ:「だろうな。今回はお前に非はない。ULTRAMANの正体が知られた経緯は、おそらく・・・」


そこ頃、星団評議会のエージェント アダドとジャックが会っていました。

アダド:「案件のうち、星団きっての天才技術者の捜索があります。彼はとある情報屋と繋がっています。」

そのとき、アダドが注文した焼き鳥が上がって来ます。

アダド:「どうです?」

ジャック:「遠慮しておく。」

見た目は、でかい幼虫の丸焼きですね????

ジャック:「じゃあ、俺はこれで失礼する。」

アダド:「そうそう、あなた最近派手にやっているようですが、お互い、裏の顔を持つもの同士、目立ちすぎないようにした方がいいですよ。」

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。