女神寮の寮母くん(2)あてな

余所見をしていたあてなは、男にぶつかってしまいます。

そこを、孝士が機転で助けてくれました。

孝士:「ごめん!姉貴。これが急がせたから。アイスは溶けないって。ぶつかってすみませんでした。」

そういうと、あてなを抱えて逃げ出します。

孝士:あてなさん。もう安心ですから。」

その後、あてながどうしようもなくなった時逃げ込むネットカフェに入りました。

あてな:「もう一回、姉貴って呼んでみて?」

あてなは、お姉ちゃん扱いに目覚めたようです。

孝士:「姉貴。お姉ちゃん。姉さん。」

あてな:「おほほ~!!なに?この感覚!!!」

あてな:「さっきは守ってくれて有難う。お礼に、なにかあったらあたしが君を守るから。」

といいつつ、ふんずけたスカートが脱げてぱんつになるあてな。孝士をざぶとんにしてしまうあてな。股を押し付けてしまうあてながいました。

One Reply to “女神寮の寮母くん(2)あてな”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。