Kiddy Grade(24)ありがとう

ドベルグのアブゾーブによって蘇ったエクレール。

其れを見て

長官:「ありがとう。わたしの母を救ってくれて。」

ドベルグ:「すこしエネルギーをわけて貰うよ。あの娘と最後まで一緒にいたいんだ。」

そしいて、ボロボロになったデュカリオンに入っていくドベルグが、触れると、

アールブ:「お母さん。お母さん。」

そう言って、泣いているアールブの声が聞こえたのです。

ドベルグは涙を流しながら、

ドベルグ:「ここにいるよ。ずーっと、一緒にいてあげるよ。アールブ。」

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。