無職転生(3)夏の夕立

ルディは、シルフィーの横顔をみて、

ルディ:「(美しい。素直に、思う。うらやましいぜ!)」その後、二人は夕立に遭って、ずぶ濡れでルディの家に着きました。

ルディ:「シルフ。こっち、来て!」

脱ごうとしないシルフィーですが、ルディはなぜ、服を脱がないのか?判っていませんでした。したがって、シルフィーを裸にしようとします。

ルディー:「笑ったりしないから。」

シルフィー:「そうじゃない。」

でも、隙をついて、パンツを脱がせたルディは、シルフィーが女の子であることを、初めて知ったのでした。

ルディ:「彼は、彼女だったのだ。」

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。