這いよれ!ニャル子さん(1)学校

翌日は登校したまひろ君とニャル子。

まひろ:「なあ、ニャルラトホテプ星人。一人で学校行っても大丈夫なのか?」

ニャル子:「はい。まひろさんに何か有った時は、すぐに駆けつけます。」

余市:「疲れている?」

まひろ:「まあ、説明のしようも無いんだけど。」

先生:「今日は転校生を紹介する。」

で、やってきたのがニャル子だったのです。

余市:「八坂に海外の親戚がいるとは思わなかった。」

まひろ:「俺も今日知った。」

余市:「クラスの話題を独占して、日本語も流暢、運動神経も抜群。すごいよね。」

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。