無職転生(2)4歳

ルディ(俺)は、4歳になりましたが、前世のトラウマで家の外に出れません。怖かったのです。そして、ロキシーは、そんなルディを気遣っていました。

ロキシー:「あの山脈の向こうに、ラノアという国があります。ルディは才能があります。将来はラノアにある魔法大学へ行くのがいいでしょう。」

ルディ:「その前に、僕はこの家から(出れるようにならなきゃ。)・・・。いえ、そのようなところにいかなくても、僕はロキシー師匠がいてくれればいいです。」

ロキシー:「その呼び方はやめてください。あなたは私を簡単に越えてしまいます。自分より劣るものを師匠と呼ぶのはいやでしょう?」

ルディ:「別に嫌じゃないです。」

ロキシー:「そのうち判りますよ。」

ロキシーは自分と自分の師匠の関係を話しているのですが、ルディには判るはずもありませんでした。

広告

One Reply to “無職転生(2)4歳”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。