無職転生(2)俺

両親の葬式のときさえ、こもっていた「俺」は、親族によって、家をたたき出された。

「出て行け!クソニート!!」

雨の中、行く当てもなく彷徨っていた「俺」は、ふと、言い争う高校生3人を見かけ、そこにトラックがつっこんで行くのを見てしまいます。

俺:「おい!危ねえぞ。」

そうして飛びだした「俺」はトラックに撥ねられ、死んで、ここ世界に転生したのです。ルディは、その俺の記憶が残っているのです。

クソニートかあ。

One Reply to “無職転生(2)俺”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。