無職転生(1)家庭教師

ルディーが魔法を使えることを喜んだゼニスは、家庭教師をつけることにします。そしてやってきたのが、魔術士 ロキシー・ミグルディアだったのです。

ロキシー:「ロキシー・ミグルディアです。」

魔法士とは、髭の爺さんだとばかり、思いこんでいた「俺」は

俺:「なんてこったい。髭の爺さん所か、あそこの毛も生え揃ってなさそうなのが来たぞ。嫁に欲しい。」

ルディー:「随分、小さいんですね?」

ロキシー:「あなたに言われたくありません。」

One Reply to “無職転生(1)家庭教師”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。