異種族レビュアーズ(7)本日一人目の女の子

いよいよ現場です。

ゼル:「有名な美食家先生や料理人もきているぞ。生んだ卵は、その場でオークションにかけられる。」

そこへアナウンスです。

「お待たせしました。本日、一人目の女の子が入ります!」

客が皆で声を出します。

客:「よし!来い!こい!!こい!!!」

でも、客はリザード族でした。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。