アサルトリリィ(10)思い出

独房のりりは、ゆりとの会話を思い出していました。

ゆり:「じーーーーっ。りりのそれ、綺麗。」

りり:「これ?これは四葉のクローバー。よくあるアクセサリーだよ。」

ゆり:「いいなあ。」

りり:「これはお父さんに買ってもらったものだから。今度、わたしの非番の日にお買い物行こう!なにか、プレゼントしてあげるよ。」

ゆり:「ほんとう?」

独房のりりはつぶやきます。

りり:「なにも、してあげられなかった。。。」

広告

One Reply to “アサルトリリィ(10)思い出”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。