異種族レビュアーズ(6)光

妖精さん:「すみません。この光、私の意志で出したり、消したりできませんので。」

スタンク:「不便だな。おい。」

妖精さん:「研究論文によると、光の形状は世界線軸によって異なるとか・・・」

スタンク:「世界線??」

妖精さん:「はい。特に胸に違いがあって、なにがなんでも乳首をみせない光り方もあれば、すっきりはっきり見えることも有るらしいです。」

全員:「へえええ!」

妖精さん:「でも、ここの光はあまり消えることが無いようです。」

クリム:「わかりましたので、店の中でやりましょう。ね!」

広告

One Reply to “異種族レビュアーズ(6)光”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。