転生したらスライムだった件(35)ファルムス王

ファルムス王:「余はエドマリス。ファルムス王国の王である。」

リムル:「本物か?じゃあ、王以外皆殺しだ。」

ファルムス王:「本来なら、貴様など口も利けぬ相手なのだぞ!」

それはリムルに火に油でした。

リムル:「・・いいか?相手を見て口を利けよ。発言は許してやるが、言葉は慎重に選べ!」

エドマリス王:「誤解なのじゃ。友誼を結びに来たのじゃ。」

リムル:「一方的に戦争を仕掛けておいて、今更、なんの寝言を言ってるんだ。俺の仲間に犠牲者が出た以上、お前らは敵だよ。」

エドマリス王:「異世界人が暴走したのじゃ。余の国と国交を結んでやろう。」

リムル:「こいつ、天才か・どれだけ、俺を不快にさせるんだ。」

いつも温厚なリムルが、自制できなくなるほど、怒っています。

広告

One Reply to “転生したらスライムだった件(35)ファルムス王”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。