転生したらスライムだった件(34)白老vs 2

白老:「二流以下と言ったんじゃよ。」

「なめるな!」

白老:「剣の真髄を見せてやろう。」

白老は、すべて見切ってみせます。

「俺のエクストラスキル 天眼からは逃れられない。」

白老:「いや。まだ見えておらんな。」

白老の剣が、自分の首を切り落とすのが、スローで見えます。でも、身体は動きませんでした。

白老:「終わりじゃよ。」

決着が着きました。

広告

One Reply to “転生したらスライムだった件(34)白老vs 2”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。