転生したらスライムだった件(31)敵

敵は、ファルムス王国と西方聖教会です。

西方聖教会は教義で、魔物の生存を認めていません。そして、ファルムス王国は、商業ルートを新興のテンペストに奪われることを心配していたのです。商業ギルドのミョルマイルの的確な助言があり、全て判明します。

リムル:「俺は虎の尾を踏んだのか。」

リムル:「ミュウランさん。どういう経緯で、俺達にちょっかいを?」

ミュウラン:「わたしは、魔王クレイマンの配下です。」

リムル:「そうか。クレイマンが糸を引いていたのか?」

その当人は、もう成功したと思っているのでしょう。自分の居城で、ほそく笑んでいました。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。